優塾

旧 学習塾 優 調布校

042-486-7660

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
Menu

高校生の皆さんへ -定期考査が近づいてきました!-

ホーム > 高校生の皆さんへ -定期考査が近づいてきました!-

高校生の皆さんへ

 ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?家族で旅行や帰省、部活動などそれぞれの休暇を過ごしたことと思います。わたくしも旧友を訪ねに新潟に赴き、他愛もない話で盛り上がり、ひと時学生時代に戻りよい息抜きができました。

 さて、高校生の皆さん。ゴールデンウィーク明けにはいよいよ中間考査が始まります。休日気分を切り替えて、テスト対策を計画的に行いましょう。

 特に、高校1年生にとってははじめての定期試験ですね。中学に比べ科目数が多く、授業進度が速く、範囲が広い・・・、そのことに直面して圧倒されている人も多いかと思います。

 しかし、ある意味その事実は皆さんにとって大きなチャンスです

 まず、上位校に入学した皆さん。授業進度がとても速く、多くの時間を予習に費やす毎日を過ごしていることと思います。そのペースをしっかり維持してください。中学校のころは比較的優秀な成績を修めてきた皆さんがはじめて挫折を経験するかもしれません。しかし、他のライバルも同じ。次の2つのタイプを知って、自分はどちらかに属してしまうか考えてください。

 上位校で挫折してしまうのには主に2つのタイプがあります。1つは「中学校の調子で定期試験に挑む」タイプです。中学校では自分と同じレベルのライバルもいれば、そうでないライバルもいました。しかし、皆さんの学校には同じレベルのライバルしかいません。つまり、中学校の調子で学習していればいずれ確実にドロップアウトしてしまいます。2つ目のタイプはいわゆる「燃え尽き症候群」です。中学校時代、受験まで精一杯努力してきた皆さん。目標を高校入学に設定していませんか?努力して入学した学校で楽しく充実した生活を送りたい!確かにすばらしいことですが、学習をおろそかにしてはいけません。人生のスタートラインにもまだ立っていないことを忘れずに。

 これらのことを知った皆さんはきっと気を抜くことなく、努力できると思います。きっとライバルと差をつけることができるでしょう

 次に、上位校以外に入学した皆さん。特に、第一希望の念願がかなわなかった皆さん。これこそがチャンスです。よく考えてください。中学校のように「オール5」をとるようなライバルは西高校や日比谷高校に入学してしまい、皆さんのまわりには皆さんと同じレベルのライバルばかりです。だから、日ごろの努力次第で、ライバルより1歩も2歩も差をつけることができます。そして、中学校のときに難しかった80点や90点が意外と簡単にとれてしまうことを目の当たりにするでしょう。またそれにより、努力した分だけ結果が伴うことに気づくはずです。そのためにも、「定期試験対策は1週間前から」という意識を捨てて、日ごろからこつこつと授業の予習と復習を行っていってください。部活動や学校行事で高校生活は忙しいですが、その日々の努力はきっと実を結び、これからの大きな糧になってくれます。

 最後に、共通して言えることは「最初の定期考査でこれからの学習スタイルが決まる」ということです。最初の試験は本当に未知です。どれくらいの努力でどれだけ成果が出るかがわからないわけです。ですから、学校で学習した内容がどのように出題されても対応できるように十分すぎる対策をとりましょう。そうすれば次の定期試験から各科目の比重のかけかたがわかってきて、よい結果を伴った皆さんはきっと次のステージへ努力できるはずです。

 

 優塾は現在、高校生向けの定期試験対策期間中です。5/22(日)はオープン教室の予定ですので、塾生の皆さんはぜひ参加してください。優塾スタッフ一同皆さんを応援しています!

大谷